株の初心者が陥りがちな事とは

株の初心者が取引を行う際、最も注意すべき点はパニックになる事です。

株は値動きするものであり、景気の良い時期は上がり、不景気の時は下がります。

突然株価が下がり、慌てて売りを入れてしまうと損失が確定してしまいます。

その為株取引を行う際は世間の流れをつかみつつ、ゆっくり対応する事がポイントになってきます。

長期的な値動きを見て割安感を感じたら買う、そういった事を繰り返していけば資産は増えていきますので、短期的な値動きはあまり気にしない方が良いでしょう。

株の銘柄を選ぶ際は自分の知っている企業を選ぶのも良い方法です。

本来株は差額で利益を得るものではなく、企業を応援する為に資金を提供するものです。

知っている企業は感情移入もしやすいですし、情報収集も行いやすいです。

また株取引の資金に関しては初心者は特に余裕資金で行った方が良いでしょう。

生活資金を使用した取引では短期的な利益を狙う為、取引に制限がかかりますし無理をする事になってしまいます。

また銘柄によって注意点があり、取引注意など記載されている銘柄に関しては長期的に保有する事は控えた方がよいでしょう。

倒産や上場中止になった場合株券の価値はなくなり、まさに紙切れになってしまいます。

そういったリスクがあるという事はきちんと認識しておかなければいけません。

より安全に、冷静に株取引を行いたいのなら実際に取引を行う前に株式投資のシミュレーションゲームを試してみることをおすすめします。

トレダビ – K-Zoneというシミュレーションゲームは実際の株価に連動、そして取引ルールも実際のものに即したものとなっているのでどのように売り買いを行えば利益が出るのか、損が出にくいのか、危険な株はどのようなものなのか、預貯金を減らすことなく経験を重ねていけます。

マネーゲームの要素がつきものの株取引ですが、出来るだけ損失リスクを減らしていく事が大切です。