株の初心者は信用取引は控えるべき

株の取引では現金を証券会社に預けた後取引を行いますが、最初の時点では株を買う、という取引だけです。

ですが実際には株取引には買いと売りが存在し、双方を上手く扱う事で利益を得ていく事になります。

また取引の中には資金の3倍の現金を扱う事が出来るようになる信用取引があります。

この取引は資産の3倍の現金を扱う事が出来ますので、利益も大きくなりますがそれだけにリスクも大きく、株価の変動リスクを大きく受ける事にもなります。

大規模な経済ショックなどあった際、大きく株価が下がるものですがその際に信用取引を行っていた場合、保有資産以上のマイナスになってしまう可能性があります。

その際は証券会社に入金をしなくてはいけませんので、生活資金を圧迫してしまう可能性もあります。

また証券会社や株取引の初心者向けの説明では資産の3倍扱える信用取引は利益を大きくする為に必要な事、と書かれている事もあります。

ですがその状態はハイリスクハイリターンの状態ですので、自力でリスクの分散が出来ていない状態では投資ではなくギャンブルのようなものです。

株取引の初心者はまずは自分の資産を数パーセントでも良いから増やしていく事を考えて取引していきましょう。

十分な経験のないまま大きな利益を求めた場合、株の罠にはまってしまい、大きな損失が出来てしまう場合もあるのです。

投資を行い資産を増やしていく為にも、地道に経験を積んでいく事が株で勝利する為への近道なのです。