株の初心者はまずは長期保有がお勧め

株の初心者は利益を確定しやすいデイトレードを行いやすいですが、手数料の関係もあり損失を出す可能性が高いです。

株取引は長期保有やスイング、超短期のデイトレードなどがありますが、株初心者の場合は長期保有がお勧めです。

長期保有する事で利益確定のチャンスを待つ事が出来ますし、じっくり購入した会社について情報収集が出来ます。

しかも慌てて売却する必要もありませんので、損失を確定しにくくなります。

また株は保有期間が長い事で株主優待券も確保できますので、メリットはより大きくなります。

■個人的にオススメはこちら・・・オリエンタルランド、株主分割と長期保有株主向け優待制度導入を発表

デイトレードは短期的に見ると利益を得やすい取引ですが、長期的に見ると非常にリスクの高い取引です。

現在の株取引ツールは優秀であり、初心者でもすぐ取引が出来るようになっています。

短期的な取引を繰り返す事も容易ですので、ビギナーズラックなどがあるとデイトレードを繰り返す人もいます。

ですがデイトレードの手法で長く利益を確保できた人は少なく、初心者では特に損失を出しやすいのです。

株取引はお金が簡単に増減しますが、安定して利益を得ていく事は難しいものです。

取引を繰り返していくと利益を確定しやすいパターンもわかってきますが、欲を出してしまい逆に損失を出してしまうケースも多いのです。

余裕資金で資産を少しでも増やす為に株を活用する、それ位の認識で行い、株で多額の利益を得る事を初心者は考えない方が良いでしょう。

株の基本は売買で利益を得る事ではなく、株を購入する事でその会社を支援する事にあります。

その基本を守って株を長期保有していくやり方は損失も出にくく、株価は戻るという事も実感しやすいですね。