株の初心者が気を付けなければいけない事

株取引の初心者は株は危険も伴う事を学ぶ事から始めます。

株を購入した際は株価が上がれば資金を増やす事も出来ますが、株価が下がれば資金は減少するものなのです。

その為、株は儲ける為のものですが投資とは何か、その事から考えましょう。

株で大きな損失を出してしまう人は大きな金額の取引を値動きが激しい銘柄で行うケースが多く、株価は時折通常の動きと違う動きをします。

突然株価が急上昇する銘柄がまれにありますが、その銘柄は一定の価格まで達すると利益確定で売りが多くなり、株価は急激に下がります。

銘柄によっては仕手銘柄とよばれる株もあり、資金力の豊富な集団が買いを集中させ株初心者にも購入させ、一定まで達したら売りを出し利益を確定、株初心者に損を出させる為の仕組みです。

株価は上下していくものですが、新しい資金が入らない場合誰かが利益を獲得した時損失を出している人もいます。

また最大限利益を得る事を考えると、損失を出しやすく欲を出さずに長期的に考える事が利益を得ていくコツと言えます。

株で老後資金を確保しておこうと考える人は多いですが、実際は損失を出している人も多いです。

利益を出した人は大きな声を出すものですが、損失を出した人は話をする事は少ないですので、わかりにくいのです。

とはいえシステムさえ作る事が出来ればお金に働いてもらう、という意味では株取引は有効な仕組みです。

会社の業績などはインターネット上の株情報からも知る事が出来ますので、利益を得るルールは見つけやすく、後はメンタルの問題ですがここが大きな問題なのです。

メンタルの持ちようで大きな損失を出す人が多いのが株というものです。